2008年12月10日水曜日

企業価値を創造する 会計指標入門



下で紹介している本と同じ著者のものですが、こちらはもう少し難易度が高いものとなっています。
より具体的な会計指標を10個取り上げ、それぞれの指標を用いるべき状況を想定した上で具体的な事例を挙げながら説明をしています。

具体的な指標を理解することで、次のような事項に対応することが出来るようになります。
・企業経営者が自社の課題・問題を把握するために利用
・投資家が個別企業の株式を購入するに当たっての投資判断材料として利用


2008年冬現在の経済状況を考えるに、各指標の意味合いが少し変わったような気もします。
しかし、本書において最重要指標とされている「フリーキャッシュフロー」の重要性は益々高まっており、この項を勉強するだけでも本書には一定の価値があるのではないかと思います。

やや専門的ではありますが、財務諸表の実践的な読み方を勉強されたい方は是非ご一読を。

0 件のコメント: