2008年12月2日火曜日

稲盛和夫の実学 経営と会計



京セラの会長である稲森和夫氏の著作の文庫版です。
氏は元々会計については全くのど素人であったそうです。
しかし、企業経営を続けていくに当たり「真に経営のために役立つ会計が必要である」という発想法に立ち、そこから会計に対する世界観を構築していきました。

大企業の会長が書いた本ですので、内容もさぞかし大企業向けなのだろうとお考えかもしれませんが、実際にはさにあらず。
実はこの中で触れられている手法の多くは中小零細企業においてこそ有効活用できるものが多くあります。
・キャッシュベースで考えること
・物事の対応を一対一で考えること
こういった考え方をうまく取り入れる事は、小さい企業の資金繰りにこそ有効な手段です。

お値段もお手頃ですので、是非お手元に一冊。

0 件のコメント: